現在のページ
ホーム の下位の
看護部 の中の
職場の声

看護部

職場の声

患者さんの立場になって支えていける看護師を目指して

藤原 あゆみ

 吉島病院に就職して、早2年目になろうとしています。日々、覚えることや新たに経験することが多く、あっという間の12ヶ月でした。
 私が吉島病院に就職しようと思ったのは、病院説明会に訪れた際に、患者さんを大切にし、一人一人に向き合って看護ができる病院であると感じたからです。また、吉島病院には、訪問看護ステーションわかばがあります。病院に勤めながら、当初より希望していた訪問看護師としての道もあり、目標に向かって努力していくことができると感じたからです。
 就職して初めの頃、私は様々な患者さんに関わることができ、看護師として働くことができる感動と喜びでいっぱいでした。しかし、看護師は患者さんの生命に深く関わる仕事であり、それに伴う責任も重大です。また、学生の頃とは違い、患者さんからみれば新人であっても一人の看護師です。新しい環境の中で、私は緊張しやすい性格もあり、不安で眠れない日々がありました。仕事の中で失敗することもあり、看護師として続けていくことに疑問を感じることもありました。そのような中、患者さんから「ありがとう。」「いつまでも患者思いの看護師でいてね。」など言葉をいただきました。自分自身でも何かしらできることはあると感じ、とても勇気付けられました。そして、自分自身が看護師を目指した原点や目標に立ち返ることができました。また、研修会も定期的に開催され、病棟全体でも新人看護師を育てようと熱意を持ってサポートしてくださり、安心して働くことができる環境が準備されています。プリセプターや先輩看護師の方々が「大丈夫?」「分からないことはない?」などと気軽に声をかけてくださり、初めて経験する内容や疑問点などを丁寧に指導してくださいます。問題があれば、どのようにすれば解決するか、一緒に考えたりもしてくださいます。同期の看護師メンバーとも交流が密にあり、お互いの思いを打ち明けることができます。私は、一つ一つのことに時間はかかっても、患者さんの安全や安楽を第一に考えて、確実に行っていこうと思いました。 
 看護師としては、まだまだ知識も技術も浅く、至らないことも多くあります。しかし、一年前より着実に成長している自分自身も実感できます。今の私自身があるのは、周りの支えがあってこそであると感謝の思いでいっぱいです。周囲の方々の投入に対して返していくことができるように、さらに看護師としての知識・技術を磨き、同期のメンバーとも切磋琢磨していきたいと思います。そして、患者さん一人一人に誠意をもって向き合い、患者さんの立場になって支えていける看護師を目指して、今後も努力していきたいと思います。

自分が成長できる環境にいること、患者さんとの関わり全てに感謝する毎日

吉田 千加子

 昨年の4月1日、私はこれから本当に看護師として働いていくのだという大きな期待や、これまでの自分とは違う、社会人として一歩を踏み出すという不安、また、すでに構築されている集団へと飛び込んでいく事への恐怖心など、私は、様々な感情を抱きながら病院へと向かったことを、今でも覚えています。あの日から、もうすぐ1年を迎えようとしています。今思い返せば、私はこの1年で、看護師として、また社会人として多くの事を学び、経験し、最も充実した1年だったと実感しています。
 私は急性期病棟の外科チームに所属しています。そのため入退院が激しく、それに加え、平日には毎日のように手術が行われています。手術後の患者さんは各種ドレーンや点滴、酸素チューブなど、様々な管につながれているため、その分観察項目が多く、要領のつかめない私は遅くまで残って仕事をしていたこともありました。しかしそのような時は必ず先輩方が声をかけてくれます。またプリセプターの先輩が最後まで一緒に残って、アドバイスをしてくださったり、相談にのってくださった事もありました。このように、私は多くの先輩方に見守られ、支えられているという事を今でも実感しながら働いています。また私だけでなく、先輩方同士でも仕事中頻回に声を掛け合っており、お互いに助け合いながら一緒に頑張れる職場であるということを知りました。
 就職して1カ月程経つと、夜勤業務も始まりました。その頃の私はようやく日勤帯での業務の流れ、病棟の動き方が分かってきた頃でした。正直、日勤業務ですら完璧に把握できていない自分に、夜勤業務が勤まるのかという不安な気持ちもありましたが、何より私は、また新しいことを教えてもらえるという気持ちで心待ちにしていた部分もあったのではないかと振り返ります。吉島病院は2交代勤務であるため、夜勤の勤務時間は日勤と比べると、おおよそその2倍近くの時間は働くことになります。そのことを知っていながらも、初めて体験した夜勤では、やはり長いなと、とにかく疲れ果てました。夜勤を終えた朝、出勤してきた日勤の看護師の顔を見ると、今でも非常に安心します。しかし夜勤での業務内容、時間の流れなどを把握し、何時までにはこれとこれを終わらせて、何時からはこれに時間を費やそうと、長い勤務時間を自分で分割できるようになると、気が付けばあっという間に朝がやってきて、そうしているうちに自然と体のほうも慣れてきました。そして、恐らく全ての病院で毎朝、病棟での全体の申し送りというものを行っていますが、初めての夜勤では、朝の申し送りに非常に緊張しました。また、自分しか見ていない時間帯の患者さんの状況やその変化をアセスメントし、全ての看護師に分かりやすく申し伝えるというその難しさに直面しました。そしてこの事は今での私の課題となっています。
 その他にもまだまだ私には課題や覚えることが多くて大変ですが、少しずつ、着実に一人で出来ることが増えている事に、日々喜びを感じています。また自分が成長できる環境にいること、患者さんとの関わり全てに感謝する毎日です。