現在のページ
ホーム の下位の
看護部 の中の
委員会の紹介 の中の
緩和ケア委員会

看護部

委員会の紹介

緩和ケア委員会

理念

吉島病院看護部職員の自覚を持ち、看護を実践していくうえで、緩和ケアは看護の基本となるということを認識し日々知識の習得・精神面の鍛錬を積み重ね、吉島病院に来られる患者さんに感動ある看護を提供する。

目的
  1. 症状緩和に努めQOLを高める。
  2. 人生の最期を、その人が最もその人らしく過ごせるように、可能な限り援助する。
  3. 家族の支援を行う。
  4. トータルペインの視点で、診断から看取りの方まで支援する。
役割

緩和ケアに対しての学習を日々積み重ねていく姿勢を持つ。

緩和ケアを必要とされる患者さんに対して積極的に関わっていく。

緩和ケアを実践していくリーダーとなる。

緩和ケアが必要とされる患者さんに対して、事例を検討し現場での実践につなげる。

緩和ケアの看護計画の立案、実践、評価が適切であるかチェックする。

緩和ケアに対する業務、看護について改善が必要か検討する。

業務改善が必要と思われるものは変更、作成していく。

医師、他職種との連携をとる。

内容
1.ペインコントロール

発足当時より、がんによる疼痛をコントロールすることによりがん性疼痛の、緩和に努めています。疼痛をアセスメントすることにより、痛みの部位、範囲、種類を知り、薬剤量、時間の調節の目安とし、医師と連携をとっています。

2.化学療法

日々進化していく治療法により、薬剤の勉強会や、安全の視点での業務調整のまとめ役となっています。

3.エンゼルケア

その人らしさを引き出し、御家族の方が喜び安心してもらえるようなエンゼルケアを目指しています。

4.クリスマスコンサート

毎年演奏家を迎えクリスマスコンサートを開催し、メンタル部分での慰安に努めています。

5.事例検討

2001年度より、委員会で事例検討を行い、QOLの向上を目指しています。

6.勉強会

毎月委員会での勉強会や個人での講習会などにより、知識の向上をはかっています。また、メンバーは他施設合同で開かれる会等に出席し情報交換を行っています。