現在のページ
ホーム の下位の
診療部のご案内 の中の
診療科/診療支援部門 の中の
放射線科

診療部のご案内 診療科/診療支援部門

放射線科

X線撮影やCT、MRI、消化器撮影、乳房撮影などの画像診断を主におこなっております。

放射線科ではマルチスライスCT(64列)やMRI(1.5T)、マンモグラフィなどの画像診断装置により、さまざまな疾患の総合画像診断を行い、患者さんに多くの診断情報を提供しています。CTやMRI検査では他施設からの依頼が多く、共同利用率が高いことが特徴です。

診療内容
一般撮影

X線による胸部や腹部、腰や膝・手足の撮影を行います。病室での撮影も行います。撮影した画像はコンピューター処理して、最適な画像を提供します。胆嚢・腎臓・食道・胃・大腸などの撮影では、造影剤を使用することがあります。

CT検査

GE社製Optima CT660 FD (64列マルチスライスCT)

X線を利用して、人体の輪切り像(断層像)を撮影します。
骨や血管などの3次元画像も提供します。
造影剤を使用することもあります。
他院からの依頼も多数受けております。

取得資格
  • 肺がんCT検診認定技師
  • X線CT認定専門技師

MRI検査

GE社製 Signa EXCITE HD 1.5T(テスラ)

大きな磁石と電波を用いて画像を作成します。
特に、頭部・整形外科領域(腰・膝・肩など)・乳腺などの検査に有用です。
造影剤を使用することもあります。
他院からの依頼も多数受けております。

乳房撮影検査(マンモグラフィ)

乳房専用のX線装置(LORAD社製 M-検砲鮖藩僂靴泙后
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の認定を受けた専門の女性技師が担当します。
マンモグラフィ検診施設認定を取得しております。

骨密度測定

骨粗鬆症の検査です。第2腰椎〜第4腰椎を測定します。

スタッフ紹介

(放射線科医 1名、技師 7名)

≪放射線科医長≫ 福田 浩
卒業年次 H1年
指導医・専門医・ 認定医 日本医学放射線学会放射線診断専門医
専門分野 画像診断(特にCT、MRI)
私の診療方針 CT・MRI等による画像診断は、病変の有無や性状の評価、病気の治療方針の決定などに際し、きわめて重要です。患者さんの病気の治療や健康管理に役立つ、的確な画像診断を目ざし、努力して参りたいと思います。他施設からのCT・MRI検査依頼も多数受けております。