現在のページ
ホーム の下位の
診療部のご案内 の中の
診療科/診療支援部門 の中の
眼科(視能訓練士)

診療部のご案内 診療科/診療支援部門

眼科(視能訓練士)

視能訓練士とは「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格をもつ技術者で、医師の指示のもと視機能検査、視能矯正を行うとともに斜視・弱視の訓練治療にも携わっています。

業務内容

吉島病院眼科では、目の病気全般に対して診断、治療を行っています。その中で視能訓練士の役目は様々な機器を使い、患者さんの眼の状態を正確に検査することです。この検査が適切な診断、治療につながります。また、患者さんが持つ視力を最大限生かせる方法(メガネ・補助具など)を提供しています。
その他にも眼底写真を撮ったり、色覚検査、立体視検査、網膜の反応を見る検査などたくさんの検査があります。患者さんの訴えを聞き必要な検査を正確に行うことが視能訓練士の役目であります。
疲れる検査もありますが、よりスムーズにかつ正確に進むよう努めています。

視力検査
視力検査

ひらがなやランドルト環(C)を5m離れたところから見て視力を測ります(写真右上)。
片眼ずつ測ります。たくさんのレンズから患者さんにあったレンズの度を選びます(写真中央)。

角膜内皮細胞検査(※写真右下(1))

角膜内皮の細胞の状態を調べます。

眼圧検査(※写真右下(2))

眼の表面に軽く風を当てて、空気圧で眼圧を測ります。

屈折検査(※写真右下(3))

赤い屋根の家の絵が見えてきます。ぼやけたりはっきり見えたりを繰り返し屈折異常の有無(遠視・近視・乱視)、程度を知り、この値に基づき視力検査をします。

右から角膜内皮細胞検査、眼圧検査、屈折検査

視野検査

見える範囲を測定します。
2つの器械があり、患者さんの状態や症状によって使い分けています。
暗室で検査します。
緑内障の早期発見に大切な検査の1つです。

ハンフリー視野計 ゴールドマン視野計

眼球運動検査

目がどの方向にもきちんと動くか検査します。
暗室で検査します。

OCT(光干渉断層計)

網膜の黄斑部や視神経の断面を撮影する機器です。
これまでの眼底カメラは、網膜の表面の状態しか撮影出来なかったのに対し、OCTは断面が撮影出来るようになったので、失明原因となる糖尿病網膜症や加齢黄斑変性の黄斑部の腫れや、黄斑に穴があく黄斑円孔の状態がよりはっきり分かるようになり、また緑内障による視神経の変化、進行具合が写真でわかるようになりました。

IOLマスター

白内障の手術をする際、濁ってしまった水晶体の代わりに人工の眼内レンズを目の中に入れます。その眼内レンズの度を決定するために必要な眼軸を測定する機器です。
以前は直接機器が目に触れて測定するものしかなかったのですが、IOLマスターは非接触型で短時間で測定でき、より精度を増しました。患者さんの負担も軽減されています。

シノプト

斜視の患者さんの目のずれ幅を測定したり、斜視や弱視の患者さんの両眼視機能(立体視の有無など)を測定する機器です。