現在のページ
ホーム の下位の
診療部のご案内 の中の
診療科 の中の
外科

診療部のご案内 診療科

外科

  • 外来担当表

呼吸器外科が得意で肺癌の手術、気胸、肺癌疑いの微小陰影の内視鏡手術(胸腔鏡下手術)の経験豊富です。他に消化器疾患の手術症例も多く、腹腔鏡手術も行っています。手術の際はクリニカル・パスに基づいた治療計画や、自己血輸血も取り入れています。また、病診連携に基づいて甲状腺疾患も数多く取り組んでいます。また広島大学医学部学生の臨床実習も受け入れています。

外科疾患・手術術式別クリニカルパス

チーム医療の達成、医療の質の向上、患者満足度の充実、インフォームド・コンセントの充実を目指し、入院から退院までの治療経過・費用などをわかりやすく説明した疾患別・手術術式別クリニカルパスを取り入れています。

消化器外科・内視鏡外科

診療内容

消化管(食道・胃・腸・肛門)・胆嚢・膵臓・ヘルニア

腹腔鏡用図

胃などの手術は100年以上前から行われ、最近までお腹を大きく開く、いわゆる開腹手術が行われていました。しかしもっと小さな傷で痛みの少ない手術ができないかという発想からまず胆嚢摘出術で腹腔鏡という道具を用いた手術が始まりました。開腹に比べ傷が小さく、痛みも軽いことからこの手術は瞬く間に世界中に広まり、現在ではお腹全体の臓器に対して腹腔鏡を用いた手術が行われるようになってきています。腹腔鏡というのはお腹の中を見るための細いカメラのことです。太さは5mm〜10mmでお腹に開けた小さな穴から挿入し、現在ではハイビジョンモニターに接続してお腹の中を見ながら鉗子と呼ばれるマジックハンドのようなものを使用して手術を行います。当院では現在胆石、胆嚢炎、大腸癌、直腸癌、虫垂炎、直腸脱に対して腹腔鏡での手術を行っておりさらに今後扱う対象を増やしていく予定にしています。

乳腺・内分泌外科

診療内容
乳腺・内分泌外科

乳腺、甲状腺の外科的治療、術後化学療法を行っています。乳腺に対してはマンモグラフィ、CT、MRIによる画像検査、細径針による細胞診、針生検、癌と診断された場合乳房温存術、乳房切除術を施行しています。術後化学療法が必要であると判断された場合抗癌剤による化学療法を施行しています。
甲状腺に対しては武市クリニックと協力し年間約40例の甲状腺手術を施行しています。

  • 手術実施症例数はこちら
スタッフ紹介

 

≪診療部長、外科部長、麻酔標榜医≫ 木村 厚雄
卒業年次 S58年
指導医・専門医・ 認定医 日本外科学会専門医
日本消化器外科認定医
麻酔標榜医
日本がん治療教育医
広島大学医学部臨床教授
専門分野 呼吸器外科、一般外科
私の診療方針 患者さんのために

≪消化器外科医長≫ 大城 望史
卒業年次 H4年
指導医・専門医・ 認定医 日本外科学会専門医、指導医
日本消化器外科学会専門医、指導医
日本大腸肛門病学会専門医、指導医
日本消化器病学会専門医
日本がん治療認定医
日本透析学会専門医
専門分野 消化器外科、一般外科
私の診療方針 地域に根差した、ゆるぎないしっかりとした診断治療を行うよう心がけます。
なんでもご相談ください。