現在のページ
ホーム の下位の
診療部のご案内 の中の
診療科 の中の
整形外科

診療部のご案内 診療科

整形外科

脊椎・四肢関節の病気・外傷を幅広く治療しています。

大腿骨頸部骨折ほか一般の骨折以外にも、リウマチ疾患、スポーツ外傷、骨粗鬆症にも取り組んでいます。手術後のリハビリも充実しています。
患者さんに安心して治療が受けていただけるよう鋭意邁進していますが、中でも脊椎、関節外科、手の外科では専門的医療を行えるように積極的に取り組んでいます。
また、骨粗鬆症には骨塩量測定装置(Hologic社製 QDR-2000 X線骨密度測定装置)を設置して、その診断と治療にも力を注いでいます。

診療内容
脊椎疾患

椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症の手術療法

関節疾患

変形性股関節症、変形性膝関節症、大腿骨頭壊死症の手術療法(人工関節手術など)

大腿骨頚部骨折

人工骨頭挿入術を始めとする手術療法

手指の骨折や腱断裂に対する手術

リウマチ

関節リウマチの薬物療法、手術療法(滑膜切除、人工関節手術)

骨粗鬆症

X線骨密度測定装置による診断、薬物療法

  • 手術実施症例数はこちら
スタッフ紹介

 

≪整形外科医長、リハビリテーション科医長≫ 下垣 浩一
卒業年次 S61年
指導医・専門医・ 認定医 日本整形外科学会専門医
専門分野 関節外科(特に股関節、足)、一般整形外科
私の診療方針 運動器疾患でお悩みの方、是非一度受診してください。