現在のページ
ホーム の下位の
診療部のご案内 の中の
診療科 の中の
眼科

診療部のご案内 診療科

眼科

新鋭機器を備えた手術室、看護師の手厚いケアなど安心して手術が受けられます。

白内障、緑内障、網膜剥離、糖尿病性網膜症などの診断・治療・手術などを周辺の医療機関とも連携しながら診療を行っています。

外来のご案内
受付時間
月、水、木 8:30〜11:00
火、金 9:00〜11:00
土(第一、三) 8:30〜11:00

眼科は予約制です。上記受付時間内であれば、毎日診察を行っております。午後は手術もしくは予約診(特殊検査等)となっています。
担当医は2名の常勤医がおりますが、手術等で変更になる場合もあります。

治療方針

吉島病院眼科は硝子体手術、白内障手術、緑内障手術など手術治療を主軸にしていますが、手術は他の選択肢で治療が望めない場合に行う、いわば「最後の一手」と考えます。「手術をしましょう」と聞くと心配になり、気後れするのは誰でも当然です。ですので、まずは点眼薬等の負担の少ない治療を目指し、それでは改善が見込めない、あるいは手術を選択した方が明らかに大きな改善が見込めると判断した場合に限り、提案するようにしております。また治療に伴う利点や合併症のリスクを良くお話し、納得された上で行います。しかし手術が必要となった場合には、どのような状況下でも常に全力を尽くし最良の結果が得られるよう努力することをお約束します。
外来では一般的な結膜炎や眼痛、視力低下、お子様の診察から白内障、緑内障、網膜剥離、眼底出血などあらゆる眼科疾患に対応いたします。また内科や放射線科と連携して全身疾患治療やCT、MRIといった画像検索を同時に進めることが出来ます。平日は毎日、土曜日は第一第三土曜が診察日ですので、お悩みの際は何時でも受診して下さい。

※当院ではコンタクトレンズの処方は行っておりませんので、ご了承下さい。

入院のご案内
入院期間の目安
白内障 片眼2日間/両目の場合には、10日間あいだを空けて行います。
(日帰り手術も可能)
緑内障 4〜7日間
糖尿病網膜症 5〜10日間
網膜剥離 5〜10日間
黄班前膜、黄班円孔 4〜10日間

手術までの待ち日数は概ね3〜4週となっており、手術を急ぐ方や希望日程がある場合はなるべく意向に沿えるように調整いたします。担当医にご相談下さい。手術日は月、水、木曜日の午後となっており、入院は手術当日の午前中(10時頃に入院し、午後から手術)となります。

眼の病気、治療

代表的な疾患と治療を紹介します。

①白内障

現在わが国において白内障手術は年間100万件を超えており、吉島病院でも年間500件前後の白内障手術を行っています。一般的な超音波水晶体乳化吸引術(PEA)と呼ばれる白内障手術を無事に、確実に遂行するのはもちろんですが、当院では下に示すような難治白内障も安全に行えるよう技術や設備を整えております。
(基本的に手術を行うには一泊入院をしていただきますが、ご希望の方には日帰り手術も可能です。)

成熟白内障、過熟白内障

混濁が非常に高度の場合には通常の小切開(3mm程度)による白内障手術が困難なケースがあります。その場合は切開創を大きく(8〜12mm)作る水晶体嚢外摘出術を行い、確実に混濁を除去します。


落屑を伴う白内障、外傷性白内障

水晶体を支持する組織が脆弱化していたり、散瞳が不良の場合があります。眼内レンズを糸で眼内に縫い付けたり、器具で散瞳を確保する工夫をします。

糖尿病に伴う白内障

糖尿病のコントロールが不良の場合、白内障手術を行うと術後に糖尿病網膜症が増悪し視力低下を来すことがあります。当院内科医と連携して糖尿病の治療と眼科治療を同時に行うことが可能です。

②緑内障

緑内障には様々なタイプがあり、治療法も異なります。進行の程度も様々です。多くの方は点眼剤で治療を行いますが。場合によっては白内障手術や緑内障手術、レーザー治療を組み合わせることも必要です。
緑内障手術が必要な方は限られますが、点眼やレーザー治療が無効な場合は大きな効果が期待できます。当院では年間50例程度の緑内障手術を行っており、良好な成績を収めています。手術には4〜7日間の入院が必要です。

③糖尿病網膜症

糖尿病のコントロール不良が長く続くと、網膜出血や浮腫を来し視力が低下します。視力低下の原因や状況に応じて様々な治療法がありますが、重要なのは診断を的確に行い適切な時期に適切な治療を行うということにつきます。
当院では通常の眼底検査以外に光干渉断層計(OCT)や蛍光眼底造影検査(FAG)を行い、治療にはレーザー網膜光凝固、ルセンティス、アイリーア硝子体注射、ケナコルトテノン嚢投与、硝子体手術を組み合わせて行っています。また内科との連携も重要で、血糖コントロール不良時には当院内科で入院治療を行う場合もあります。糖尿病に関するすべての治療が可能です。

④網膜静脈閉塞症

網膜内を走行する静脈が閉塞して(詰まって)網膜出血を来す疾患です。いわゆる「眼底出血」の中で糖尿病網膜症と並んで多く見られるもので、治療には内服、レーザー網膜光凝固、ルセンティス、アイリーア硝子体注射、硝子体手術を組み合わせて行います。また意外と重要なのは網膜静脈閉塞症に糖尿病や高血圧、血液疾患等が原因となっていることがあるため、それらのチェックを行うことです。内科と連携して治療に当たります。

⑤加齢黄班変性

高齢者の黄班部(網膜の中心部)に出血や浮腫を来し、中心部の視野が障害される疾患です。わが国でも増加しており、治療に難渋するケースもあります。やはり病変のタイプにより治療法が異なってきますが、主な治療はルセンティス、アイリーア硝子体注射、光線力学療法(PDT)、レーザー網膜光凝固になります。当院ではルセンティス、アイリーア硝子体注射を主体に行っており、PDTが必要な場合は広島大学病院へ紹介いたします。ルセンティス、PDTともに利点と合併症のリスクがありますので、適切な選択が重要です。診察医にご相談下さい。

⑥網膜剥離

急激に視力低下を生じる代表的疾患です。原因は様々ですが、基本的に手術治療が必要となります。手術は眼球の外側から行う経強膜手術と、眼球内側から行う硝子体手術に大別されますが、どちらにも対応可能です。網膜剥離は見つかり次第早急な手術が望ましく、何時でも急患手術ができる体制を整えています。5〜10日間の入院が必要です。

⑦黄班前膜、黄班円孔

どちらも黄班部に生じる疾患で、似た病態で発症し、視力低下や歪み、中心暗点を自覚します。程度によりますが、どちらも硝子体手術の適応で、黄班部の極めて薄い膜組織を剥離していく繊細な手技が必要です。当院でも多くの手術を行っております。

※手術はどれも基本的には局所麻酔で行いますので、麻酔が重要です。痛みがあると患者さんはもちろん、医師も苦痛です。当院では点眼麻酔に始まり、テノン嚢下麻酔、経結膜球後麻酔、経皮球後麻酔といった局所麻酔を使い分け、痛みの無い手術を目指しています。どうしても手術に対する恐怖心や抵抗が強い方は(少数ですが)、全身麻酔を選択することも可能です。

手術室

眼科専用手術室に顕微鏡(ZEISS OPMI Lumera700)、白内障硝子体手術機器(アキュラス)、眼内レーザー、網膜冷凍凝固装置等を揃えています。硝子体手術は23ゲージ手術(0.7mm程度の小切開による手術)と広角眼底観察システム(Resight)を併用した最新の低侵襲手術を行っています。

スタッフ紹介

(眼科医 2名)

山根 健
卒業年次 H7年
指導医・専門医・ 認定医 日本眼科学会専門医
広島県国民健康保険診療報酬審査委員会委員
日本眼科医会代議員
専門分野 網膜、硝子体疾患
私の診療方針 糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、網膜剥離など網膜の病気を中心に手術、治療を行っています。早期に治療ができるよう心がけています。

檜垣 麻利亜
卒業年次 H13年
指導医・専門医・ 認定医 日本眼科学会専門医
専門分野 眼科全般
私の診療方針 適切な診療はもちろんですが、毎回の診療・手術とも納得・満足して帰っていただけることを目標にしております。

大原 裕美
卒業年次 H26年
専門分野 眼科全般
私の診療方針 眼科疾患の一般診療を行っています。
地域の皆さんのお役に立てるよう頑張っております。
  • 視能訓練士のご紹介