現在のページ
ホーム の下位の
診療部のご案内 の中の
診療科 の中の
内科・総合診療科

診療部のご案内 診療科

内科・総合診療科

  • 外来担当表

内科的疾患を中心に、プライマリケアを重視して幅広く診療しています。

入院治療に注力しており、インフォームド・コンセント(病気の説明・同意)にも努力しています。
地域の医療関係者とともに、地域に密着した診療を心がけています。

消化器内科

消化器内科では、消化管や肝胆膵における様々な疾患を取り扱っています。終末期消化器がん患者さんにおける緩和ケアにも注力しています。一度、ご相談ください。

消化管

広島市における経鼻内視鏡検査のパイオニアとして、年間約3500件もの経鼻内視鏡による上部内視鏡検査(胃カメラ)を行っています。経鼻内視鏡検査は通常の経口内視鏡検査に比べて苦痛が少ないばかりでなく、平成27年2月より挟帯域光観察(NBI:Narrow Band Imaging)システムを導入したことにより、今までの内視鏡検査では分かりにくかった小さな病変の発見・診断能力も飛躍的に向上しています。

下部消化管内視鏡検査では、ポリープがあればその場で直ちにポリープ切除を行うことも可能です。検査時の適正な鎮痛剤の使用により、苦痛を感じることはほとんどありませんので、痛みに弱い方や以前に痛みのため検査を断念された方なども安心して検査を受けられます。

診療内容
  • 早期胃癌の内視鏡治療:ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)による根治術
  • 治療抵抗性の潰瘍性大腸炎:白血球除去療法による寛解導入療法
  • 経口摂取障害による誤嚥性肺炎:内視鏡的胃瘻造設術による栄養管理
  • 早期胃癌の内視鏡的治療(ESD)とは?
  • 潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法について
肝胆膵
慢性肝炎

「ウイルスの排除」と「肝がん発症の阻止」を目標に、特にC型慢性肝炎ではインターフェロンに代わり、飲み薬(経口剤)による治療を進めています。公的助成金制度の利用により、自己負担の少ない(月額1〜2万円程度)治療を受けることが可能です。

コントロール困難な腹水(肝硬変)

肝硬変や肝癌などで腹水のコントロールが困難な場合には、腹水濾過濃縮再静注法(CART)により、腹水・胸水から不要な物質を除去して有用なタンパク成分を回収し、再び体内に戻す治療も行っています。

総胆管結石や腫瘍による胆道閉塞・黄疸に対しては、砕石術などの内視鏡的治療やドレナージ術を行っています。

その他、消化器疾患における感染症治療についても、昨今話題になっている多剤耐性菌に対する危惧から、抗菌薬の適正使用や環境感染対策に対しても注力しています。

  • 内視鏡内科コラムはこちら

糖尿病・内分泌内科

糖尿病・甲状腺疾患・脂質異常症・メタボリックシンドロームを中心に診療しています。

各種疾患
糖尿病

約2週間の糖尿病教育入院では、医師・看護師・薬剤師・栄養士・理学療法士がそれぞれ分担し糖尿病について理解を深めるため糖尿病教室を開催しております。(外来通院中の患者さんでも参加は可能です。)教育入院中、糖尿病性3大合併症(神経障害・網膜症・腎症)の検査、動脈硬化の検査なども行います。
外来では月に1回、糖尿病食を実際に食べながら栄養士と一緒に楽しく食事療法について学ぶ食事会を開催しております。(御家族・御友人の参加も可能です。)個人栄養指導は予約制にて随時対応しております。また、年に1回、オープン糖尿病教室を開催し、当院通院外来患者さん以外の方も自由に参加していただいております。

甲状腺疾患

バセドウ病・慢性甲状腺炎(橋本病)の内科的治療を中心に行っております。甲状腺に腫瘤を認めた場合は外科と連携の上、エコーガイド下細胞診など行い診療をしております。

脂質異常症

脂質異常症は糖尿病・高血圧とともに動脈硬化の危険因子です。個人栄養指導を行うとともに、頸動脈エコー検査・負荷心電図・頭部MRIなど動脈硬化の検査を行いながら診療をすすめています。

循環器内科

息苦しい、胸が痛い、動悸がするといった症状に対して、当科では、下記検査を用いて循環器疾患の初期診断、および治療を行っています。おかしいかな?と思われたら気軽に相談に来てください。

各種検査
心臓超音波検査

心臓の動きや形の異常を診る検査で、心不全や弁膜症などの診断を行います。
(月、水、木、金、重症と判断される場合は随時)

ホルター心電図

24時間心電図をつけて生活していただき、不整脈の診断、重症度の判定を行います。(月〜金)

運動負荷試験

エルゴメーター、トレッドミルなどの運動のための装置を使って虚血性心疾患(狭心症など)の検査を行います。(随時)

スタッフ紹介

 

≪副院長、内科部長、感染防止対策室長≫ 山岡 直樹
卒業年次 S58年
指導医・専門医・ 認定医 日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
日本内科学会認定医
認定産業医
日本結核病学会指導医
日本肺癌学会
広島大学医学部非常勤講師
専門分野 呼吸器内科
私の診療方針 主に呼吸器疾患の診療を行っています。特に肺癌や肺結核の診断・治療に精通しています。お気軽にご相談ください。

≪消化器科医長≫ 松村 俊二
卒業年次 H5年
指導医・専門医・ 認定医 日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本病院総合診療医学会認定医
認知症サポート医
がん緩和ケア研修修了
専門分野 消化器内科、一般内科
私の診療方針 主に消化器疾患領域の診療を行っています。総合診療医としても様々な疾患に対応し、高齢者など複数の疾患を併存している患者さんに対して、診断から治療、そして健康管理を継続して行うことを心掛けています。

≪循環器科医長、健康管理センター長≫ 梶原 賢二
卒業年次 H5年
指導医・専門医・ 認定医 日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
専門分野 循環器内科、一般内科
高血圧、狭心症
私の診療方針 何か気になることがあれば、気軽に御相談を

≪内分泌・代謝科医長≫ 蜂須賀 有
卒業年次 H12年
指導医・専門医・ 認定医 日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医 研修指導医
専門分野 糖尿病・内分泌内科、一般内科
私の診療方針 内分泌疾患を中心に診療しています。ひとりでも多くの患者さんの糖尿病による合併症を減らせるように努めてまいります。

木ノ原 周平
卒業年次 H19年
指導医・専門医・ 認定医 日本糖尿病学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本内分泌学会
専門分野 糖尿病、内分泌
私の診療方針 糖尿病・内分泌を中心に内科全般幅広く対応出来ればと考えております。