現在のページ
ホーム の下位の
病院案内 の中の
チーム医療 の中の
褥瘡対策委員会

病院案内 チーム医療

褥瘡対策委員会

当院の患者さんの中には、いろいろな理由から、褥瘡(床ずれ)を合併し、困っておられる方も少なくありません。褥瘡は、痛みや発熱などの苦痛を伴うこともあり、治癒までに多くの時間がかかってしまうことも多く、患者さんの精神的、肉体的負担は、時として、とても大きなものになります。私たちは、そのような患者さんの目線に立って、平成14年4月、褥瘡対策委員会を発足させました。
私たちが目指すものは、患者さんが褥瘡の苦痛から解放されることです。そのためには、患者さんにかかわるすべてのスタッフが、褥瘡を予防する方法と、治療する方法を知ることがとても大切です。委員会は、その中心となって活動していますので、多くの職種から構成され、運営されています。

運営・構成
委員会開催 1回/月
構成 委員長:外科医師1名、副委員長:病棟主任1名、委員:各病棟看護師9名、薬剤師1名、栄養士1名、理学療法士1名、事務員1名、訪問看護師1名、手術室看護師1名
主な活動内容
  • 褥瘡に対する予防・診断・治療基準の作成
  • 褥瘡アセスメントの推進
  • 院内における褥瘡対策のリーダーシップをとる
  • 業務の効率化をはかる
  • 月一回の褥瘡対策委員会開催
    • 月間褥瘡者数の把握
    • 体圧分散マットレスの使用状況の把握
    • 研修会報告・研修会の案内
    • 褥瘡マニュアルの作成・修正
    • 各部署から出された褥瘡事例の検討
    • 院内研修会の企画
  • 週一回の褥瘡回診を実施
    • 個々の患者さんの褥瘡評価と治療
    • 褥瘡被覆材料についての助言
    • 栄養状態の評価と助言
    • 体圧分散マットレスの適否の助言

委員会の発足後、約10年が経過し、ようやく当委員会の活動は定着してまいりました。褥瘡の発生数は減少し、近年では重症度の高い患者さんが少なくなっていますので、一定の成果が得られたものと考えています。しかし、私たちが目指すものは、すべての患者さんが褥瘡の苦痛から解放されることです。
そのためには、発生予防から、診断、観察、治療までの一貫した褥瘡対策について、委員会が適切な助言や指導が行えることが必要です。わたしたちは、勉強会や学会、研修会参加を通じて知識と技術を習得できるよう、日々の研鑽を積んでいます。