現在のページ
ホーム の下位の
病院案内 の中の
チーム医療 の中の
院内感染防止対策委員会

病院案内 チーム医療

院内感染防止対策委員会

院内における病原体の感染を積極的に防止し、患者さんの安全と職員の健康を守り、併せてチーム医療としての組織的運営と経済性にも配慮しています。

目的

病院長のもとに院内感染予防対策委員会を設け、感染防止対策を円滑に運営するために院内感染防止対策チームを設置する。

院内感染の定義

病院において入院患者さんが原疾患とは別に新たに罹患した感染症、または医療従事者が院内において罹患した感染症。
当院では入院4日目以降に検出された起因菌の検出を院内感染と定義する。

院内感染予防対策委員会(ICC)

院内感染予防対策委員会(ICC)Infection Control Committeeは、院内感染対策に関する、最終意思決定機関として設置されています。
構成メンバーは、病院長を筆頭に、以下全病院内の関連部署を代表する職員で構成されています。委員会は1回/月行い、院内の感染動向や耐性菌情報などの報告・感染管理上の問題解決など、ICTへの提案・助言を行ないます。また、急に発生した感染症に対し、緊急会議を開催します。

院内感染防止対策チーム(ICT)

院内感染防止対策チーム(ICT)Infection Control Teamは、感染症コントロールドクター(ICD)を代表とした医師・看護師・臨床検査技師・薬剤師・など、さまざまな職種が集まり、横断的に院内感染対策活動を行なっています。

ICTの活動
  1. 院内感染症のサーベイランス
  2. 院内ラウンドと月一回の会議
  3. マニュアルの作成・改訂
  4. 職業感染対策(針刺し事故など)
  5. 抗菌薬使用状況の報告
  6. 標準予防策、感染経路別予防策の徹底とコンサルテーション
  7. 院内感染対策に関する研修会の開催 2回/年
  8. アウトブレイクへの対処
  9. 手指衛生指導
ICTのメンバー

医師(ICD)、看護師、薬剤師、臨床検査技師、ME、栄養士、事務、放射線技師

手洗いは院内感染防止の最も基本項目「一行為、一手洗い」の徹底を!

手洗いにおける除菌効果