現在のページ
ホーム の下位の
病院案内 の中の
チーム医療 の中の
認知症ケアサポートチーム

病院案内 チーム医療

認知症ケアサポートチーム

記憶障害や様々な脳機能の低下が生じて、社会生活や仕事などが、これまでのように上手くできなくなった状態を認知症といいます。
高齢者や認知症の患者さんが入院した場合、環境の変化に適応できなかったり、病気・治療による身体的苦痛などで症状の悪化を招くことがあります。

目的

多職種メンバーで構成されたチームで回診を行い、入院患者さんの認知症治療やケアが適切に行われているかどうか、療養環境が整っているかどうかなどを評価し助言を行います。

  1. 1)なるべく穏やかな入院生活が送れること
  2. 2)日常生活動作(ADL)を維持し低下させないこと
  3. 3)元の生活場所に戻れるようにすること

を目標としています。

構成
構成 医師(認知症サポート医、オレンジドクター)、認知症看護認定看護師、社会福祉士、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、介護福祉士、各病棟看護師
主な活動内容
  • 毎週水曜日 各病棟回診(必要に応じて適宜開催)
  • 認知症が疑われる患者さんの診断および治療の提言
  • 認知症患者、家族への相談対応および支援、助言
  • 院内研修会の開催および啓蒙活動(年1回程度)