現在のページ
ホーム の下位の
病院案内 の中の
チーム医療 の中の
医療安全委員会

病院案内 チーム医療

医療安全委員会

医療安全活動を推進し、患者さんの安心と安全、職員にとっても安全な職場環境を目指して取り組んでいます。

目的

患者さんの安心と安全を保障する

医療の質の確保と向上に努める

病院が受ける損失を未然に防ぐ

目標

情報の共有化により事故防止に努める

インフォームド・コンセントにより、患者さんと職員間の信頼関係を確立する

チーム医療により部署を超えて機能連携を図り、医療の質の確保をする

全職員が事故防止に対する認識を深める

運営・構成
委員会開催 2回/月
構成 委員長(診療部長)副委員長(消化器科医長・呼吸器内視鏡医長・医療安全管理室長)
委員(医師・看護師・薬剤師・ME・臨床検査技師・放射線技師・理学療法士・栄養士・事務員)
主な活動内容
(1)事例検討会
(2)QC(クオリティコントロール:質改善)活動

当院は2012年度からQC活動を開始しました。
現在は転倒QCサークルと内服QCサークルに分かれて活動を行い、転倒率の減少や内服セットエラーの減少に取り組んでいます。

(3)人工呼吸器回診

人工呼吸器の安全管理を高めることを目的に2008年から医療安全委員による人工呼吸器回診を週1回行っています。

(4)全職員を対象とした医療安全研修会の開催
  テーマ 参加率
2012年
(平成24年)

1.5S活動について〜その意義と院内成果報告〜

79%

2.続・各部署の5S取り組み報告会

40%

3.KYT4ラウンドの実際

62%
2014年度
(平成26年)

1.医療コミュニケーション
〜医療安全・紛争予防・良好な関係構築のために〜

82%

2.停電時対応
転倒・内服・5S・指さし呼称QC活動報告会

67%
2014年度
(平成26年)

1.チームステップスとコミュニケーションについて
〜チームの鎖〜

99%

2.やってみようSBAR
転倒・内服QC活動報告会

97%
2015年度
(平成27年)

1..皆で日頃の業務を振り返ろう
〜ヒューマンエラー・ルールの再確認〜

97%

2.患者さんとのコミュニケーションのポイント

98%

(5)マニュアル作成・改訂
(6)セーフティニュース発行
(7)全国医療安全推進週間の活動企画
(8)研修会・学会参加
医療安全管理室
構成 医療安全管理者(室長:専従)
医薬品安全管理責任者、医療機器安全管理責任者、副院長、診療部長、看護部長、事務部長(兼任)
活動内容 組織横断的な医療安全活動を推進するための活動拠点として、患者さん・ご家族・職員の「安全・安心」を守り、医療事故の防止のみならず「医療の質の向上」に資するため、週1回カンファレンスを開催しています。医療安全管理室はMRM委員会と医療安全委員会と連携しながら活動しています。
MRM(メディカルリスクマネジャー)委員会
構成 管理者、各部署長、医療安全管理室長
活動内容 所属長という管理的視点で医療安全管理に関する事項についての周知徹底や情報交換、医療安全委員会への支援などを行うため、月1回委員会を開催しています。